5年の時を経て、その地を去る人、とどまる人、帰ってくる人がいる。今もその街は、未来を信じて生きている。 5年の時を経て、その地を去る人、とどまる人、
帰ってくる人がいる。
今もその街は、未来を信じて生きている。

生まれ育った海沿いの町で、漁師の夫、2人の子どもと幸せに過ごしていた佐藤千恵子(夏木マリ)の暮らしは、2011年3月11日に一変。津波に流された夫は帰って来ない。それでもいつか夫が戻って来ると信じて、千恵子は地元を離れずに生きている。しかし、あの日を境に、今は離れて暮らす子供たちもまた癒えない傷を抱えていた。被災のトラウマから子供を持つことを恐れる娘の香苗(佐津川愛美)と、何でも震災のせいにして人生から逃げる息子の哲也(堀井新太)。そんな家族の前に、かつて同じ町に住んでいたドヒョン(イ・ジョンヒョン)が韓国からある人の手紙を持ってやって来る。
手紙に託された想いに触れたとき、止まっていた家族の時間がゆっくりと動き出すのだった――。

夏木マリが等身大の女性を熱演!傷ついた人に寄り添い、共に前を向かせてくれる珠玉のヒューマンドラマが誕生夏木マリが等身大の女性を熱演!
傷ついた人に寄り添い、共に前を向かせてくれる珠玉のヒューマンドラマが誕生

復興支援に尽力してきた夏木マリが約10年ぶりに選んだ主演映画『生きる街』は、宮城県石巻市で撮影された。東日本大震災から5年以上の時を経て、その地を去る人、とどまる人、帰ってくる人がいる。人々は、そして街は未来を信じて生きている。
そんな人々と街の姿を残すべく、スタッフ、キャストが集結。夏木の娘役として“失う”可能性に怯えて新しい未来を築けない香苗を演じた佐津川愛美は、『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』(07)で第50回 ブルーリボン賞助演女優賞、新人賞の2部門にノミネートされ注目を集めている。将来に向き合うことを避けてきた不甲斐ない息子・哲也を演じた堀井新太は朝ドラ「マッサン」(15)で注目を集め、2018年大河ドラマ「西郷どん」の主要人物・村田新八役を演じ、若手実力派として上昇中。物語のキーマン、ドヒョンには韓国の実力派ロックバンド「CNBLUE」のギター兼ボーカル、イ・ジョンヒョン。さらに吉沢悠、岡野真也、升 毅、原日出子など実力派俳優が脇を固め、物語に奥行きをもたせている。
監督・プロデューサーを務めるのは、俳優の顔を持ちながら『捨てがたき人々』、『木屋町DMARUMA』、『アリーキャット』など異色の長編映画を数多く手掛ける榊英雄。そして、映画を力強く、優しく包み込む主題歌は、BRAHMANの「ナミノウタゲ」。夏木との親交が深いボーカル・TOSHI-LOWが作詞を手掛け、ハナレグミがコーラスとして参加している。「家族」と「故郷」が持つあたり前の普遍的な価値、「生きる」「生き続ける」とは何かを問う珠玉のヒューマンドラマがここに誕生した。

CAST

夏木マリ/佐藤千恵子

東京都出身。
1973年歌手デビュー。1980年代より演劇へも活動の幅を広げ、芸術選奨文部大臣新人賞、ゴールデンアロー賞演劇賞、日本アカデミー賞助演女優賞などを受賞。コンセプチュアルアートシアター「印象派」の演出では、昨年、パリ・ルーヴル美術館公演でも成功をおさめた。映画では『鬼龍院花子の生涯』(82/五社英雄監督)、『里見八犬伝』(83/深作欣二監督)、『男はつらいよ』(90/山田洋次監督)、『千と千尋の神隠し』(01/宮崎駿監督)、『ピンポン』(02/曽利文彦監督)、『さくらん』(07/蜷川実花監督)、『パーマネント野ばら』(10/吉田大八監督)、『陽だまりの彼女』(13/三木孝浩監督)、『モアナと伝説の海』(17/ジョン・マスカー監督、ロン・クレメンツ監督)などに出演し、圧倒的な存在感を放っている。

佐津川愛美/野田佳苗

1988年生まれ、静岡県出身。
『蝉しぐれ』(05/黒土三男監督)でヒロインの少女時代を演じ、スクリーンデビュー。同作でブルーリボン賞助演女優賞にノミネート。『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』(07/吉田大八監督)でブルーリボン賞助演女優賞及び新人賞にWノミネート。近年の映画出演に『横道世之介』(13/沖田修一監督)、『俺俺』(13/三木聡監督)、『キカイダーREBOOT』(14/下山天監督)、『グラスホッパー』(15/瀧本智之監督)、『ヒメアノ~ル』(16/吉田恵輔監督)、『貞子vs伽椰子』(16白石晃士/監督)、『ユリゴコロ』(17/熊澤尚人監督)、『ポンチョに夜明けの風はらませて』(17/廣原暁監督)、『リベンジガール』(17/三木康一郎監督)など。

堀井新太/佐藤哲也

1992年生まれ、東京都出身。
主なTVドラマ出演作品にNHK連続テレビ小説「マッサン」(14〜15)、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」(15)、「表参道高校合唱部!」(15)、「妻と飛んだ特攻兵」(15)、「下町ロケット」(15)、NHK創作テレビドラマ大賞「川獺」(16)。「3人のパパ」(17)では民放の連続ドラマ初主演を果たす。映画では『青空エール』(16/三木孝浩監督)に出演。また、主演舞台に「少女ミウ」(作・演出 岩松了)。2018年大河ドラマ「西郷どん」への出演も決まり、人気上昇中。

イ・ジョンヒョン/カン・ドヒョン

1990年生まれ。
韓国、日本をはじめ世界各国で人気のロックバンドCNBLUEにてギター&ヴォーカルを務める。デビュー前には日本にてライブハウスやストリートライブなどのバンド修行を経験。その頃からリーダーのジョン・ヨンファと共にCNBLUEの楽曲の作詞作曲を手掛けている。幼少期に日本で暮らしたこともあるため、日本語も堪能。俳優としての活躍もめざましく、映画『アコースティック』にドラムのカン・ミンヒョクと出演し話題に。その後も「紳士の品格」、「オレンジ・マーマレード」、「マイ・オンリー・ラブソング」「ランジェリー少女時代」などのドラマに立て続けに出演。2018年にはドラマ「その男、オ・ス」の主演も決定している。

岡野真也/仲村みゆき

1993年生まれ、栃木県出身。
主な出演ドラマは、NHK BS「ハードナッツ⁉数学girlの恋する事件簿」、TBS「アゲイン‼」、「ボク、運命の人です。」、「ブラックリベンジ」など。主な出演映画は、『Another アナザー』(12/古澤健監督)、『下衆の愛』(15/内田英治監督)ヒロイン、初主演を務めた『飛べないコトリとメリーゴーランド』(15/市川悠輔監督)はチャラン・ポ・ランタンとの共演も話題になる。内山理名とのW主演映画『ゆらり』(17/横尾初喜監督)など出演作品の公開が続く。

吉沢悠/野田隆

1978年生まれ、東京都出身。
1998年に俳優デビュー。以降、映画、テレビ、舞台など幅広く活躍中。『星に願いを。』(03/冨樫森監督)で映画主演デビュー。主な映画出演作に『Believer』(04/多胡由章監督)、『逃亡くそたわけ-21才の夏』(07/本橋圭太監督)、『夕凪の街 桜の国』(07/佐々部清監督)、『孤高のメス』(10/成島出監督)、『道 -白磁の人-』(12/高橋伴明監督)、『アイアムアヒーロー』(16/佐藤信介監督)、『トマトのしずく』(17/榊英雄監督)など多数出演。近年では、『ちょき』(16/金井純一監督)、『エキストランド』(17/坂下雄一郎監督)で主演をつとめる作品もあり、役者の幅を広げ、人間味あふれる演技で幅広い層から支持される。2018年では『マンハント』(18/ジョン・ウー監督)などがある。

原日出子/池上晴子

1959年生まれ、東京都出身。
79年に『夕焼けマイウェイ』で映画デビュー。81年、NHKの「本日も晴天なり」のヒロインに抜擢され、一躍、国民的女優となる。以後、TVドラマや映画などで幅広く活躍。01年にはパートナー・オブ・ザ・イヤーを受賞。本作の榊󠄀英雄監督の作品には、08年の『ぼくのおばあちゃん』にも出演。ほか、『ネコナデ』(08/大森美香監督)、『雪の花』(09/小野寺昭憲監督)、『育子からの手紙』(10/村橋明郎監督)、『劇場版 ATARU THE FIRST LOVE & THE LAST KILL』(13/木村ひさし監督)、『怒り』(16/李相日監督)など。

升 毅/高橋耕三

1955年生まれ、東京都出身。
近畿大学卒。91年に演出家のG2らと「MOTHER」を旗揚げし、02年の解散まで座長であり看板俳優として人気を博す。映画デビュー作は81年、井筒和幸監督の『ガキ帝国』。主な出演作は、『NIN×NIN 忍者ハットリくんTHE MOVIE』(04/鈴木雅之監督)、『サマータイムマシン・ブルース』(05/本広克行監督)、『群青色の、とおり道』(15/佐々部清監督)、『ピーチガール』(17/神徳幸治監督)、『22年目の告白 ―私が殺人犯です―』 (17/ 入江悠監督)。17年に、アルツハイマーの妻とガンを告知された夫の12年間の日々を描いた実話をもとにした物語『八重子のハミング』(佐々部清監督)で映画初主演を果たした。

STAFF

監督:榊英雄

1970年生まれ、長崎県出身。1995年に古厩智之監督『この窓は君のもの』に主演し俳優デビュー。北村龍平監督と出会い、『VERSUS ヴァーサス』(00)に出演、多くの海外映画祭にて支持を得る。以降、映画、TVドラマで活躍。近年の出演作ア、『赤×ピンク』(14/坂本浩一監督)、『2つ目の窓』(14/河瀨直美監督)、『くちびるに歌を』(15/三木孝浩監督)、『Zアイランド』(15/品川ヒロシ監督)など。2007年、『GROW-愚郎-』で商業監督デビューを果たすと、『ぼくのおばあちゃん』(08)、『誘拐ラプソディー』(10)、『木屋町DMARUMA』(14)、『トマトのしずく』(17)、『アリーキャット』(17)など幅広い作風の作品を次々に発表。2014年公開の『捨てがたき人々』は、第26回東京国際映画祭コンペティション部門正式出品、第9回KINOTAYO映画祭批評家賞を受賞した。

【監督作品】

  • 『GROW-愚郎』(07)
  • 『ぼくのおばあちゃん』(08)
  • 『誘拐ラプソディー』(10)
  • 『捨てがたき人々』(14)
  • 『木屋町DARUMA』(14)
  • 『流し屋 鉄平』(15)
  • 『ネイキッド デザイヤー』(15)
  • 『裸のアゲハ』(16)
  • 『裸の劇団 ~いきり立つ欲望~』(16)
  • 『トマトのしずく』(17)
  • 『アリーキャット』(17)
  • 『ほくろの女は夜濡れる』(17)
  • 『コクウ』(17)

主題歌:BRAHMAN「ナミノウタゲ」

1995年結成。TOSHI-LOW(Vo.)、KOHKI(Gt.)、MAKOTO(Ba.)、RONZI(Dr.)の四人からなるパンクバンド。1998年に発表した初のフルアルバム「A MAN OF THE WORLD」が記録的な大ヒット。翌年から世界的なフェスへ参加、全国ツアーを敢行し、圧倒的なパフォーマンスでオーディエンスを魅了。国内のパンク・ハードコアシーンにおいて確固たる地位を確立した。2011 年、3.11 の東北地方大震災を受け、いち早く精力的な支援活動を開始。震災以後キャンセルが相次ぐ被災地のライブハウスへのライブ出演など、復興に向けて最も早く行動を起こしたバンドとして多くの支持を得る。2015年には結成20周年記念ベストアルバム「尽未来際」をリリースし、ドキュメンタリー映画『ブラフマン』を公開。寺山修司の長編小説を映画化した『あゝ、荒野』(17)に主題歌を書き下ろしている。

THEATERS

2018年3月3日より
新宿武蔵野館、ユーロスペース、イオンシネマ石巻ほか
全国順次ロードショー

全国共通鑑賞券 ¥1,400(税込)
絶賛発売中(当日一般¥1800の処)
※オリジナルポストカード4枚セット付(一部劇場を除く)

東北

宮城
イオンシネマ石巻2018年3月3日〜前売券あり

関東

東京
新宿武蔵野館2018年3月3日〜前売券あり
ユーロスペース2018年3月3日〜前売券あり

中部

愛知
名演小劇場2018年3月3日〜前売券あり

近畿

大阪
テアトル梅田2018年3月3日〜前売券あり
兵庫
元町映画館2018年3月3日〜前売券あり